加計呂麻でワニ捕獲相次ぐ

瀬相で捕獲されたワニ(左)と於斉で見つかったワニ(提供写真)

瀬相で捕獲されたワニ(左)と於斉で見つかったワニ(提供写真)

 瀬戸内町加計呂麻島で10月31日と今月3日、小型のワニ2匹が相次いで見つかった。同町では43年前にも生きたワニが捕獲された記録があり、専門家は「流木などに乗って東南アジアから流れてきたのでは」と推測。思わぬ“珍客”に住民らは驚いている。
 同島於斉集落の路上で3日捕獲されたワニは体長約60㌢。午後0時半ごろに車で通りがかった男性が見つけ、警察に通報した。近くに住む仁科博さん(68)は「弱っていたが棒を出すと威嚇(いかく)してきた。出没した理由が分からないので心配」と話した。

★加計呂麻島でワニ(於斉)①