「西郷どん」放送記念の芭蕉布お披露目=沖永良部

芭蕉布のきものを着て、制作者の長谷川さんと共に記念撮影に応じる鈴木亮平さん(右)=28日、知名町

芭蕉布のきものを着て、制作者の長谷川さんと共に記念撮影に応じる鈴木亮平さん(右)=28日、知名町

 NHK大河ドラマ「西郷どん」の放送を記念して沖永良部芭蕉布会館の長谷川千代子代表らが制作した芭蕉布のきもののお披露目式が28日、知名町のおきえらぶ文化ホールあしびの郷ちなであった。ドラマで西郷隆盛役を演じる俳優の鈴木亮平さんがきものに袖を通し、「素晴らしいですね。これを来て外を歩いてみたい」と着心地の良さに感心していた。

 

 芭蕉布の伝統工芸資格を持つ長谷川さんは2016年に大河ドラマの放送が決定した際、「沖永良部島はもちろん鹿児島全体にとっての一大イベント。私たちも芭蕉布を通して何かの役に立ちたい」と考え、記念のきもの制作を決めた。

 

 きものの着丈は185㌢。バナナの木に似た糸芭蕉の幹から採った中でも特に柔らかい繊維を使い、一糸ずつ丁寧に織り上げた。柄には薩摩藩島津家の家紋「十文字」を取り入れた。きものと帯の制作に半年余りかけたという。

 

 鈴木さんは「初めて本物の芭蕉布を見て、触らせていただいたが、涼しくて見た目にも透明感がある。島の空気を感じる」と笑顔。鈴木さんと握手を交わした長谷川さんは「すごく似合っていてとてもかっこいい。作ったかいがあった」とうれしそうだった。

 

 現在、鈴木さんは沖永良部島でドラマの撮影中。式はその合間に行われた。関係者によると、芭蕉布のきものは今後、鹿児島市の大河ドラマ館などに展示できないか検討されるという。