あす「ナリムチ」

店先に並べられた色鮮やかなナリムチ=12日、奄美市名瀬井根町

店先に並べられた色鮮やかなナリムチ=12日、奄美市名瀬井根町

 14日は五穀豊穣や家内安全を祈る「ナリムチ」。色とりどりの餅をブブ木(リュウキュウエノキ)に飾り付け、床の間や仏壇、墓などに置く。15日の小正月を前に、奄美大島北部や徳之島などで見られる新春の風物詩でもある。奄美市名瀬井根町の中原商店の店先には、売り物のナリムチがずらり。赤、黄、緑に染められた餅と、白餅がさいの目に切られて小枝を飾り、彩りも鮮やかな 餅の花 が咲きそろっていた。