天皇、皇后両陛下、与論十五夜踊を鑑賞

与論十五夜踊をご覧になる天皇、皇后両陛下=17日午後1時48分、与論町茶花の与論町地域福祉センター(代表撮影)

与論十五夜踊をご覧になる天皇、皇后両陛下=17日午後1時48分、与論町茶花の与論町地域福祉センター(代表撮影)

 与論島を初訪問された天皇、皇后両陛下は17日、与論町地域福祉センターで国の重要無形民俗文化財「与論十五夜踊」を鑑賞された。披露したのは踊り保存会の17人。近年は少子化による影響などで踊り手の後継者不足に悩む中、黒田茂實会長(65)は「456年続く芸能を両陛下にお見せできたこと、先人たちのおかげと感謝したい。これを機に、保存会に入ってくれる人が増えてくれたら」と期待を込めた。

取材陣を前に、天皇、皇后両陛下に披露した「雨賜り」を踊る与論十五夜踊り保存会=17日午後3時ごろ、与論町地域福祉センター

取材陣を前に、天皇、皇后両陛下に披露した「雨賜り」を踊る与論十五夜踊り保存会=17日午後3時ごろ、与論町地域福祉センター