アオカナヘビ見つかる 沖永良部島

アオカナヘビ 徳之島と沖永良部で「絶滅のおそれのある個体群」(環境省版レッドリスト)に指定されているアオカナヘビとみられるトカゲが7日、知名町教育委員会に持ち込まれた。町教委によると、近年は確認例がなかったという。教委によると、同町の末山透さん(55)が6日、島内で伐採作業中、樹上から落ちてきたトカゲを見て「珍しい種類ではないか」と考え、持ち込んだ。全長は20㌢ほど。細身で美しい緑色をしている。