野外猫 早急な捕獲排除を 東京でシンポジウム

離島の猫問題について意見交換したシンポジウム=26日、東京・新宿

離島の猫問題について意見交換したシンポジウム=26日、東京・新宿

 シンポジウム「第5回島のネコ問題」が26日、東京・新宿の早稲田大学であった。事例報告やパネルディスカッションを通し、山中で野生化した猫(ノネコ)による希少種食害や人への感染症媒介リスクなど、各地の離島が抱える猫問題の解決策を探った。来夏の世界自然遺産登録を目指す奄美大島と徳之島では「固有希少種の絶滅が起きる可能性が高い」として、近く国に対し、有効な保全対策を求める要望書を提出することが報告された。