正月終わりに「ヒキャゲ」 北大島で餅料理

 

水煮したサツマイモと餅をすりこぎ棒で根気強く練りヒキャゲを作る荒波のやどりのスタッフ=18日、龍郷町幾里

水煮したサツマイモと餅をすりこぎ棒で根気強く練りヒキャゲを作る荒波のやどりのスタッフ=18日、龍郷町幾里

 奄美大島では、小正月を過ぎ大寒へと向かう18日は、サツマイモと餅を練った芋餅「ヒキャゲ」を食べる日。シマのおっかん(島のお母さん)の手料理を提供する龍郷町幾里の宿泊・飲食施設「荒波のやどり」では、スタッフがヒキャゲを作りランチメニューの一品に加えて提供した。

 

 各種文献や島民の記憶によると、ヒキャゲは正月行事を終えるという意味や、餅状で粘りがあるため箸で挟んでおわんまで引き上げることができることから名付けられた、など諸説ある。14日に家に飾られた「ナリムチ」(餅を付けたリュウキュウエノキの枝飾り)を下ろし、枝から餅を外してサツマイモと一緒につぶしこね合わせて作られていた。現代では季節を問わず、家庭料理として食べる家もある。

 

 荒波のやどりではスタッフの広瀬次子さん(74)=安木屋場=がヒキャゲを調理。地元秋名で収穫された黄や紫のサツマイモを使用し、皮をむいて水で煮、餅を入れて砂糖で味付け。火から下ろすと、すりこぎ棒で根気強く練り上げた。「おっかんの旬替わり定食」(1200円)の一品に加えられ、食卓を彩った。

 

 広瀬さんは「昔はナリムチの餅は、枝が垂れ下がるぐらいが縁起がいいとされていたからもっと大きかった」「昔のヒキャゲには木の皮が混じっていることもあった」など幼少期の思い出を話しながら「ヒキャゲは餅を大切に食べる先人たちの知恵。大事にしたい」と話していた。