豊穣に感謝し「ティーヤ」 瀬戸内町清水・厳島神社

五穀豊穣の感謝の祈りをささげる「ティーヤ」=22日、瀬戸内町清水の厳島神社

五穀豊穣の感謝の祈りをささげる「ティーヤ」=22日、瀬戸内町清水の厳島神社

 旧暦9月6日夜から7日早朝にかけて行われる、瀬戸内町清水集落(141世帯227人)の伝統行事「ティーヤ」と「ヒヨヒヨ」が22~23日、同集落の厳島神社で行われた。五穀豊穣(ほうじょう)の感謝と無病息災を祈る行事。今年は新型コロナウイルスの影響で、ティーヤで行われる境内での宴会は中止になったが、多くの住民が参拝に訪れ、家族の健康や集落の安寧を祈っていた。

 

 集落の人々によると、ティーヤはかつて清水集落の人々が、厳島神社の神に五穀豊穣を感謝し、夜を通して社殿の祭壇に明かりをともしたことから「ティーヤ(通夜・徹夜)」と呼ばれているという。現代では徹夜することはないが、深夜まで境内で宴会をする。

 

 翌朝、夜明け前から行うのが無病息災を願う「ヒヨヒヨ」。言葉の意味は不明だが、社殿を左周りに走りながら「ヒヨヒヨ~ヒヨヒヨ~」と唱え、ソテツの葉をちぎり社殿内に投げ込む伝統行事。

 

 22日午後6時ごろ、小雨の中、住民たちが次々と神社に集まり、社殿の外にある仏を祭る石と社殿内の祭壇に、それぞれ線香を手向け祈りをささげた。深夜まで集落の人々が祭壇に明かりをともし、歓談した。

 

 翌23日は午前5時半からヒヨヒヨを開始。集まった小学生ら住民約10人が、まだ薄暗い社殿の周りを「ヒヨヒヨ~ヒヨヒヨ~」と唱えながらソテツの葉をちぎって社殿に投入。葉は1000枚に束ねられ、祭壇にささげられた。その後、バショウの葉で閉じたミキ樽(だる)を開き、食べると1年間無病息災で過ごせるという団子とともに参加者に振る舞われた。

 

 ヒヨヒヨに参加した古仁屋中1年の円山獅道君(12)と弟の古仁屋小4年の竜之介君(10)は「ヒヨヒヨの言葉の意味はよく分からないが、毎年楽しみにしている」と笑顔。婦人会の女性は「親がするのを見よう見まねで続けてきた。集落を挙げて現代まで継続している伝統行事。誇りに思う」と語った。

無病息災を祈り、「ヒヨヒヨ~」と言いながらソテツの葉をちぎって投げる「ヒヨヒヨ」=23日、瀬戸内町清水の厳島神社

無病息災を祈り、「ヒヨヒヨ~」と言いながらソテツの葉をちぎって投げる「ヒヨヒヨ」=23日、瀬戸内町清水の厳島神社