喜界島薬草農園、3月9日を「サクナの日」に登録

記念日登録証を手に報告する高木工場長=11日、喜界町役場

記念日登録証を手に報告する高木工場長=11日、喜界町役場

 喜界町の喜界島薬草農園(石原健夫代表取締役)は11日、3月9日が「サクナの日」に登録されたことを、同町の川島健勇町長に報告した。サクナは喜界島の方言で「ボタンボウフウ(長命草)」のこと。同社は来年以降、記念日に合わせてイベントを予定している。

 

 同農園は、サクナの機能性に着目し、7年前から喜界島産のサクナの研究、栽培、製品開発や食育活動などを行っている。3月はサクナの旬で、語呂合わせで3月9日を「サクナの日」として日本記念日協会に申請し、このほど登録された。

 

 報告に訪れた同農園の高木松男工場長(60)は「サクナは今が香りも良くおいしい時期。全国に知ってもらい将来的には生鮮野菜として流通させたい」。

 

 同社の渡辺前二専務は「島内はもちろん、観光客にもサクナの良さを広く伝え、島の人と共に地域活性化につなげたい」とそれぞれ語った。