鶏飯味のポテチ発売へ カルビー

「鶏飯味」のポテトチップス発売を発表する石辺本部長(右)=10日、鹿児島市の県庁

「鶏飯味」のポテトチップス発売を発表する石辺本部長(右)=10日、鹿児島市の県庁

 【鹿児島総局】カルビー㈱(本社・東京都)は10日、ポテトチップスの「鶏飯味」を数量・期間限定で発売すると発表した。11月18日から九州・沖縄8県の小売店と、全国13カ所の同社直販店で販売する。

 

 全国47都道府県の味を再現したポテトチップスを限定販売する「ラブジャパン」プロジェクトの一環。「鶏飯味」はインターネットによる県内の消費者などからの募集をベースに決定した。

 

 石辺秀規西日本営業本部長が10日、県庁に三反園訓知事を訪問して「鶏ガラスープと、シイタケや錦糸卵、のりなどの風味のマッチングに苦労した。試食や工夫を重ね、だしの風味を強めるように改良した」と説明。試食した三反園知事は「かめばかむほど鶏ガラスープのうまみを感じる」と感想を述べた。

 

 パッケージの裏面には希少種のアマミノクロウサギとオビトカゲモドキ、奄美市名瀬の金作原国有林の写真を載せて、世界自然遺産登録に向けた取り組みも紹介している。石辺本部長は「奄美が誇る鶏飯の味を通じて、奄美のPRにもつながれば。地元の人にもたくさん食べていただきたい」と語った