瑞鳳会が楽レクチャー公演

古式ゆかしい舞楽で観客を魅了した公演=19日、奄美市笠利町

古式ゆかしい舞楽で観客を魅了した公演=19日、奄美市笠利町

 奄美市笠利町の県奄美パークで19日、雅楽レクチャーコンサートがあった。雅楽演奏家の三田徳明さん率いる雅楽瑞鳳会が解説を交えながら管弦、舞楽を披露。来場者も舞台に上がって舞いや楽器演奏に挑戦し、千数百年の歴史を持つ伝統音楽の妙に触れた。三田さんらは結婚式の三々九度で使用される「越殿楽(えてんらく)」やインドから伝わった「抜頭(ばとう)」、高麗楽の「納曽利急(なそりのきゅう)」などを披露。舞楽「陵王」では、鮮やかな装束にいかめしい面を付けた舞人が力強く舞い踊った。観客は「アジアの総合芸術」とも称される古式ゆかしい伝統音楽に、じっと耳を傾けて聞き入った。