奄美ジャングルトレイル 189人完走

自然を楽しみながら山道を駆ける50㌔コース出場者=9日、宇検村

自然を楽しみながら山道を駆ける50㌔コース出場者=9日、宇検村

 奄美大島の自然の中を駆け抜ける「奄美ジャングルトレイル」(OSJ同実行委員会主催)が9日、奄美市、大和村、宇検村の林道などであった。2コース計189人が完走し、20キロコースは龍郷町の岩崎純さん(38)が5年ぶりに優勝した。

 奄美ジャングルトレイルは今年で10回目。宇検村役場を出発する50キロコース、奄美市の名瀬小学校をスタートする20キロコースに国内外から計229人が挑戦しゴールの同小を目指した。崖や倒木を乗り越えて山中を進む難コースに加え、同日は時折強い風雨もあり厳しいレースとなった。

 

会心の笑みを浮かべゴールに飛び込む岩崎さん=9日、名瀬小学校グラウンド

会心の笑みを浮かべゴールに飛び込む岩崎さん=9日、名瀬小学校グラウンド

 岩崎さんは2014年以来の優勝。2位に大差をつける1時間48分47秒の好タイムをたたき出した。「目標の1時間50分切りを果たせた。昨年2位の悔しさから雨の日も練習してきたかいがあった」と達成感をにじませた。

 

 50キロを制したのは山梨県から参加した牧野公則さん(38)。「前半飛ばし過ぎてきつかったが4時間を切れて満足。風雨が強くて人の気配に気付けなかったのか、途中でイノシシを6頭も見掛けた。奄美ならではの楽しい経験ができた」と笑った。