奄美の世界遺産登録、18年以降に

「奄美・琉球」の世界自然遺産登録実現の1年持ち越しが明らかになった科学委員会=7日、徳之島町

「奄美・琉球」の世界自然遺産登録実現の1年持ち越しが明らかになった科学委員会=7日、徳之島町

 政府が最短で2017年夏を目指している「奄美・琉球」の世界自然遺産登録実現は、国立公園化の手続きなどが遅れて国連教育科学文化機関(ユネスコ)へ今月末までに推薦書の暫定版を提出できず、18年以降に持ち越すことが明らかになった。7日に徳之島町であった奄美・琉球世界自然遺産候補地科学委員会(委員長・土屋誠琉球大学名誉教授、14人)で公表された。