奄美観光大使に緒方さん

奄美観光大使の委嘱状を受け取る緒方さん(左)=8日、奄美市名瀬

奄美観光大使の委嘱状を受け取る緒方さん(左)=8日、奄美市名瀬

    あまみ大島観光物産連盟(有村修一会長)は8日、鹿児島市の一般社団法人NEO和装スタイル協会代表理事でスタイリストの緒方千奈さん(44)=西之表市出身=に201人目の奄美観光大使を委嘱した。任期は2024年3月末まで。

 

 緒方さんは2017年に若者を含めた国内外の幅広い年代へ和装の魅力を発信しようと、同法人を設立。和装イベントや大島紬の普及などに取り組んでいる。

 

 藍染めの本場奄美大島紬姿で委嘱状を受け取った緒方さん。「大島紬は着心地が軽くて暖かいし、動きやすい。ハイヒールなど洋装とも組み合わせ、友達と食事や外出をする普段着として大島紬を楽しんでほしい」と話す。今後は、県内や中国・上海などで和装イベントを開き、大島紬をPRする構想も語った。

 

 緒方さんの父親や夫が奄美大島での勤務経験があり、法人設立以前から頻繁に奄美大島を訪れていたという。「奄美には素晴らしい自然、文化、人の温かさがある。大島紬を含めた伝統文化を未来につなぐため、発信していきたい」と観光大使としての抱負を述べた。

 

 委嘱式は奄美市名瀬のAiAiひろばであり、有村会長は「緒方さんの人間的な魅力で奄美の自然と文化、奄美の人の心を世界に広めてほしい」と呼び掛けた。